H@ppy! blog++ ADMIN
スポンサーサイト
--.--.-- (--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
咲きそろう
2011.03.31 (Thu)  22:32

やっと、やっと、
うちのムスカリも咲きそろいました。
最高気温と最低気温も
少しずつ上がってきました。

これからが本番かな?
スポンサーサイト
未分類 | CM(5) | TB(0) | PAGETOP
芽吹き
2011.03.30 (Wed)  10:56

今朝、外に出てみたら
2年目の「ナエマ」に
赤い新芽がたくさんついていましたO(≧▽≦)O
今年は期待できるかも♪
未分類 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP

2011.03.28 (Mon)  21:27

大地震で延期になっていた
体操クラブの最終回。
もう1年がんばることにしたので…

今日は
「もっと考えて動け!」と
指導されていました。

もっと、厳しくてもいいよーーーー
ってココロの中で思っています(笑)
未分類 | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
Sweet Home?
2011.03.27 (Sun)  23:35

実家の両親の新居…終の住処。
めでたく、引き渡しとなりました。

とりあえず、うちで預かっていた
照明類を持ち込んで設置。
2往復目はエアコンやテレビも持ち込んで設置。
そして、家電量販店やホームセンターに
足りない物を買い足しに行ったりして
あとは引っ越しを待つのみ。

すでに取り壊された前の家は
先日の地震、震度5強では
持ちこたえられなかったのでは?
と思うと、それもまた感慨深いものが。

新居は抗がん剤治療を続けて通院している
父の病院にもさらに近くなり
徒歩2分くらい?なので一安心。

一安心の反対の不安材料もまたアリ。
先に部屋に入っていた両親ですが
父だけを残し、母は役所に手続きに。
私と妹たちが新居に到着したのですが
父からケータイに電話。
部屋のドアが開けられない!とか。←実話
まだマンション全体の引き渡し手続き中だったので
私たちはホールやエレベーターのセキュリティは
通過できたものの、
いざ部屋の前でインターホンを鳴らしても
ドアの向こうでがちゃがちゃ音はするものの
ドアロックは解錠せず。
何度か父にこうして、ああしてと
指示を出したものの要領を得ずに
結局、部屋の窓から鍵を渡されて
「自分で開けて入ってくれーーー」って。
恐ろしいことに全て実話(=_=;)

もともと古い家では
鍵をかけて出掛けるなんて習慣もなく
当然、自分の家の鍵を持ち歩くなんて習慣もなく。
今の仮住まいでも
玄関ドアの鍵が一つだけ。
そんな父に最新鋭の(ってほどでもなくごく普通の)
オートロックマンション。
この先のトラブルが予想できるのもまた事実。
この後、内側からドアを開けることは
できるようになりました(:_;)←当たり前
(ロック解除のつまみにちょっとしたコツがいるだけ)

また、引っ越し当日までは
バタバタと面白いことがありそうです(・・;)
未分類 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
大丈夫。
2011.03.25 (Fri)  22:27

きっと、大丈夫。
なんの根拠もないけれど・・・

16年前の阪神・淡路大震災。
当時もニュースでは信じられない映像が流れ、
死傷者の数は時間を追うごとに
1000人単位で増えていきました。
しばらくして、復興支援の一環として
神戸で被災した企業の仕事を担当しました。
被災した企業で請け負っていた仕事を
被災した工場が復旧するまでの間、
横浜で担当するというものでした。
被災企業もお客さんとの契約がある訳ですから
いくら天災とはいえども
何とか仕事に穴をあけないようにと必死でした。
その企業を何とか助けようと
受け入れサイドも必死に工程を調整し、
工場の融通を利かせて
現場も営業もみんなで頑張りました。
私も若かったですゆえに
何とかその企業の為にと必死でがんばりました。

けど、けど、
いくら頑張ったところで
被災した企業は元の通りの仕事ができるはずもなく
妥協に妥協を重ねた結果の目標。
けれど、こちらにとっては
自分たちの本来の仕事もしながら
別の企業の応援もするという
まさにいっぱいいっぱいの状況。

そんな状態が震災後2ヶ月頃から
1年後まで続きました。
神戸の人たちは本当にいい人でした。
明るく前向きに、でも
こちらにもとても気遣っていただいて。

でも、いくら頑張ったところで
相手の妥協点にやっと届くか届かないか
というのが精一杯という無力感。
時間の経過とともに疲労からなのか
神戸の方々の希望や要求を
「そんなに無理なこと言われても出来ない!」
って思ってしまう自分がいました。
そして、そんな自分に自己嫌悪する日々。

完全に思い上がっていたのです。
自分が頑張れば、
何とか助けてあげられるんじゃないか
って。

震災から約1年後、神戸に行きました。
私自身は直後の記憶も薄れてしまっていました。
けれど、神戸の街はやっと瓦礫が取り除かれて
新しい建物などはほとんど見当たらず
駅前がやっと更地になってきた
という状態に何とも言えない焦りと
さらに無力感を感じました。

それでも、
まだ地面のひび割れが残っていたり
建物の一部が壊れている異人館で
神戸の人はとても明るく元気で
しぼんでいた気持ちは一気に吹き飛びました。
神戸という街は
神戸の人たちの力で立ち上がったんだ、
私たちは助けたのではなく
単に応援していただけなんだって
気がつくことができました。

だから、きっと今回も大丈夫。
何の根拠もないけれど、
絶対に、大丈夫。

今、できることをして
応援していこうと
決意を新たにした訳なのです。
未分類 | CM(4) | TB(0) | PAGETOP
思い出カメラ
2011.03.22 (Tue)  21:55

若かりし日、
まだ10代だった頃に使っていたカメラ。
実家の片付けの時に出て来たので
何となく持ち帰って来ました。
このカメラで撮った写真が思い出
なのではなく
このカメラを持って
あちこち行って
何をどう撮ろうか?とか
上手く撮れていなかったこととかが思い出。

フラッシュを持っていなかったけど
シャッター速度を上げたかったので
高感度フィルムなるものに手を出したけど
これがまた、当時はエライ高級品で
そのわりに撮れた写真は
けっこうザラザラとかいう←仕方なし
そんなことばっかりよく覚えてる。

今、ファインダーを覗いたら
カビと思われる汚れが…
レンズを外してみたら
ミラーにも…(:_;)
そして、裏蓋を開けてみたら
さらにヒドいことになっていました。

さて、どーしたものか…
未分類 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
雨の日
2011.03.21 (Mon)  21:19

久しぶりのまとまった雨だなぁ
という印象の日。
けど、思えば3月に入ってから
雪が降ってその後雨に変わったりもしたんだ。
そう思えば、純粋な!?雨は久しぶりかも。

雨に濡れた終わりかけの梅の花。
ひんやりとした空気の中で
なかなか色っぽかったデス。
未分類 | CM(4) | TB(0) | PAGETOP
リラックスタイム
2011.03.19 (Sat)  21:41

あの大きな地震から
夫は1日在宅しただけで
ずっと出張に行ってしまっています。
日本海側で一連の余震の影響は
ほとんどないらしいです。
もちろん、
ガソリンも食品も問題ないそうです。

そんな夫不在の1週間…
余震が続き、停電の準備もしてと、
不安と緊張の連続で
自分で思っていたより
私は繊細だったのかもしれません。(←強調)

節電の中、電力ピークを避けて
アロマを炊いてみたら
疲れと同時にリラックスして
ついうとうと居眠り。

スッキリ目覚めました。

さて、またまた自分の役目を全うするのみ!
未分類 | CM(6) | TB(0) | PAGETOP
日常はどこに
2011.03.18 (Fri)  21:13
20110326.jpg

小学校でお手紙が配られました。
タイトルは
「子どもの心の理解とケアのために」

大きな地震のような非日常的な体験をすると
子どもも大人も普段とは違った反応が・・・云々

そして、いつもと同じ
自然な生活リズムで過ごすことが大切と。

とは言っても
相変わらず余震は続き、
(かなり減って来たけど)
時にはテレビからとケータイからの
緊急地震速報の二重奏。
テレビ番組のほとんどは被災地の厳しさ
そして、福島第一原発の厳しい惨状。
まだ、一度も停電したことはないけど
毎日、計画停電のスケジュールを確認して
一日の予定をざっと考えておく。
そして、家の中でもケータイとマグライトを
常に携行。

たった1週間前の日常が思い出せないくらい。

大丈夫かな?
私・・・。
未分類 | CM(4) | TB(0) | PAGETOP
雑草の強さ
2011.03.17 (Thu)  21:45

川の中に群生しているオオイヌフグリ。
たぶん、雑草扱いなんだけど
小さくて薄青紫の可愛らしい花。
この場所は川の水が増えたら
完全に水没してしまう場所。
だけど、そこは雑草の強さで元気に群生。

可憐に見えても
とても頑丈・・・
未分類 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。