H@ppy! blog++ ADMIN
スポンサーサイト
--.--.-- (--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
Sweet Home?
2011.03.27 (Sun)  23:35

実家の両親の新居…終の住処。
めでたく、引き渡しとなりました。

とりあえず、うちで預かっていた
照明類を持ち込んで設置。
2往復目はエアコンやテレビも持ち込んで設置。
そして、家電量販店やホームセンターに
足りない物を買い足しに行ったりして
あとは引っ越しを待つのみ。

すでに取り壊された前の家は
先日の地震、震度5強では
持ちこたえられなかったのでは?
と思うと、それもまた感慨深いものが。

新居は抗がん剤治療を続けて通院している
父の病院にもさらに近くなり
徒歩2分くらい?なので一安心。

一安心の反対の不安材料もまたアリ。
先に部屋に入っていた両親ですが
父だけを残し、母は役所に手続きに。
私と妹たちが新居に到着したのですが
父からケータイに電話。
部屋のドアが開けられない!とか。←実話
まだマンション全体の引き渡し手続き中だったので
私たちはホールやエレベーターのセキュリティは
通過できたものの、
いざ部屋の前でインターホンを鳴らしても
ドアの向こうでがちゃがちゃ音はするものの
ドアロックは解錠せず。
何度か父にこうして、ああしてと
指示を出したものの要領を得ずに
結局、部屋の窓から鍵を渡されて
「自分で開けて入ってくれーーー」って。
恐ろしいことに全て実話(=_=;)

もともと古い家では
鍵をかけて出掛けるなんて習慣もなく
当然、自分の家の鍵を持ち歩くなんて習慣もなく。
今の仮住まいでも
玄関ドアの鍵が一つだけ。
そんな父に最新鋭の(ってほどでもなくごく普通の)
オートロックマンション。
この先のトラブルが予想できるのもまた事実。
この後、内側からドアを開けることは
できるようになりました(:_;)←当たり前
(ロック解除のつまみにちょっとしたコツがいるだけ)

また、引っ越し当日までは
バタバタと面白いことがありそうです(・・;)
関連記事
未分類 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。