H@ppy! blog++ ADMIN
香りの記憶
2012.01.10 (Tue)  22:18
アロマ(アロ魔)先生が
私の手荒れのために
アロマ入りハンドクリームを調合してくれています。



このアロマ(アロ魔)先生は私の妹デス。
私は元々アロマにはさほど興味はなかったのですよ。
「アロマ」って単語くらいは聞いたことがあったけど
加湿器におまけでついている小さな小瓶
くらいのイメージしかなかったのです。
それがあの人やこの人が
手作り石けんにアロマオイル
とか
アロママッサージ
とか
アロマディフューザーがいい
とか
何となく感化されて
無印のアロマディフューザーを買って
なんちゃってアロマを楽しんでいたのですよ。
そんな「なんちゃって」を話したら
予想外にハマってしまった人が1名。
一緒に買い物に行ったら
アロマオイルを買って、
アロマ本を買って、
知らないうちにアロマ検定1級とか取っていて
さらに上の資格を目指すために
週1のスクールにも通い始めた・・・
そんなアロ魔先生・・・と
実家でアレコレ話しながら
香りと記憶の関係についてアレコレ。

お互いに好きな香り、苦手な香りの違いはあれど
「この匂いって、死んだおばーちゃんに匂いじゃない?」
「そうそう、おばーちゃんの匂いというか、
おばーちゃんの鏡台のココの引き出しの匂い!」
「そーそーそこの匂い」
とかいう身振り手振りの会話。
思えば、大人になってからではなく
子供の頃に植え付けられたと思われる
「おばーちゃんの匂い」

そんなことはさておき、
このところ、すごく好きな匂いがある。
本で調べたら、疲労回復効果もあるとか。
・・・ちょっと疲れてんなー(笑)
関連記事
写真・モノ | CM(9) | TB(0) | PAGETOP