H@ppy! blog++ ADMIN
スポンサーサイト
--.--.-- (--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
松島から仙台へ
2013.01.08 (Tue)  23:45
そもそも、横浜から蔵王に行っている時点で
距離感覚とかずれまくっていたのです。
「山形まで行くなら、宮城も近いよね?」
「宮城なら松島とか仙台とかあるよね?」
ってノリで
行きには休憩も含めて約7時間掛かっていることも忘れ
せっかく来たのだからと
地図を眺める。

松島は本当にキレイでした。
20130117.jpg

20130118.jpg

20130119.jpg

20130120.jpg

そして、地図を見てハッとする。
松島から仙台に向かう途中に「名取」の文字。

一昨年の四月、急遽、宮城県の名取に送る物資を集めて
その後の状況を聞いては支援の難しさも痛感。

日々の生活に追われながら
気になっているのに何もできず、
けどそれでもまだ気になった。
名取市閖上地区。

正直、縁もゆかりもない土地だったけど
あまり嬉しくないことで知ることになった名前。
報道などでも、復興の進み具合が良くないとか
聞いてはいるものの、実際はどうなんだろう?
気になる反面、いわゆる「余所者」が
物見遊山的に安易に訪問するのは
如何なものか?と最後まで迷ったのですが
それでもやっぱり、この場所は気になるので
仙台への通り道って自分に言い訳しながら
海沿いを走ることに。

見えて来たのは一面の野原のような光景。
でも、その中にポツンとある住宅をよくよく見てみると
1階部分が壊れていたり、一部なくなっていたり。
テレビでしか見ていなかったあの光景が
現実にありました。
何もない野原のように見えた場所も
実は住宅の基礎部分だけがキチンと残っていて
そこには密集した住宅があって
すべて流されてしまったものとわかりました。

遠くから学校のような建物が残っていたので
近づいてみたら、1階部分と2階の一部が
破壊された建物。
体育館のように見える建物の
壊れたままでした。

何もない平地に新しいこじんまりしたお寺。
よくよく見たら墓石も全部新しく
震災後に作り直したもののようです。

小高い丘のような場所に
神社なのか?神社の跡地なのか
鳥居が見えたり。

中には野原に建設中と思われる住宅も…

戻りたくても戻れない人、
恐怖体験からもう「戻れない」人、
元に戻ることじゃなく
新しく作り直すという難しさに
復興の進み具合が思わしくないのかな。

テレビや新聞などメディアを通して知っていたはずなのに
実際に足を運んでみた光景は衝撃的すぎました。
さすがにカメラを向ける気になれず…
名取市閖上で撮った一枚だけの写真。
20130121.jpg
夕暮れに近づく空と
現実の光景があまりにアンバランス。

何とも言えない気持ちのまま
仙台空港に向かいました。
仙台空港も大きな被害を受けたようですが
今では仙台から帰省して戻って来た人、
別の場所から仙台に帰省してこれから帰る人、
それらの見送りや出迎えの人、
単なる観光の人、
多くの発着便と意外といっぱいの駐車場。
ターミナルビルからの夕景もキレイでした。
20130122.jpg

さて、仙台空港で夕日を眺めて
仙台の駅前でまたもや名産の牛タンを食べて
またもやフリー(運転があるという意識はある!)で乾杯して
お土産やら各自自分のものを買い込んで
仙台を出発したのが午後9時。

現実逃避もいいところです。

運転を交代しながら
無事に自宅に着いたのが午前2時過ぎ。
松島で、「牡蠣にあたりませんように!」と
「無事に帰り着きますように」とお参りしたのが
良かったのだと思いました。

なながお年玉をつぎ込んで
蔵王・松島・仙台で買ったアレコレ…
20130123.jpg

関連記事
写真・景色 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。